子供への送りものを考えてみよう|シーズンなどに合わせる

値段でも違う

色や柄も今は豊富に揃っているので、選ぶ時も楽しいでしょう。無難なデザインから、カラフルまで男女関係なく選択できるようになりましたが、安いものになると体にかかる負担もある為、比較をしながら選んでいきましょう。

→詳細を読む

ランドセルを選ぶ

ランドセルを選ぶ際は、様々な種類があるので探すのに苦労することがあります。特に色に関しては子どもの好みがあるので好みに合わせたランドセルを選ぶことが大切です。軽さも重要なポイントです。

→詳細を読む

プレゼントに

ランドセルは非常に多くの種類が出ている。ランドセルをプレゼントする際は、子供や孫に予めプレゼントすることを伝えることにより、両方の意見をきくことが出来る。耐久性や軽さ等で商品を偉うぶことができる。

→詳細を読む

成長のためのもの

新生児の成長のための厄除けの儀式の起源と現在の様子

破魔矢と破魔弓には正月の縁起物であり厄除けとしての役目もあります。 神社に初詣に行くと破魔矢のみあるいは、破魔矢と破魔弓のセットで売られています。 一般的には、正月の縁起物として破魔矢のみ購入されるケースが多いです。正式には破魔弓で射てこそ破邪の力を発揮し浄化されるのです。破魔矢のみの購入者が、多いのは破魔弓は神や神主といった破邪の力を持っているものが射ることにより、破りたい魔に対して効力を発揮するという仕組みになっています。 また、家を新築した際には上棟式に使用されることもあります。 呪いの儀式として鬼門に向けて屋根の上に飾られたり、新生児が生まれたら初節句に親戚や知人が、厄除けの意味を込めて贈るといった儀式もあります。

女の子が生まれたら、羽子板で男の子には破魔弓が贈られる習慣があります。 新生児が生まれた初節句に、親戚や知人、両親が子供の健やかな成長を願う縁起物なのです。 どちらも古来から正月に行われていた行事が、起源とされています。 女の子が羽子板で羽根をつき厄払いをしたのが、今日の美しい羽子板が生まれたきっかけであり、男の子が弓矢で年占いをしたのが破魔矢と破魔弓の始まりになったのです。 これらの縁起物は、12月の中旬頃から飾り始め1月15日頃にしまいます。 暮れから、新春の時期を無事に過ごしてもらいたいという願いがあるからです。 破魔弓の飾る場所と向きは、逢魔の方角に先を向けるのが正式ではあるが、一般的に凶とされている方向や神社の指示に従っても効力は発揮されます。

  • ストライダーからへんしんバイクへ

    最近じわじわと人気がでています。へんしんバイクを利用して子供に自転車の乗り方を覚えさせよう。安全に練習できるのが良いですね!